認定動物看護師×元保護猫カフェ店長直伝!猫のトイレの選び方

猫用品

猫が好きなトイレは分かったけど、
猫の好きな砂はありますか?

猫砂の種類が多すぎて、
一体どれを選べかいいか分からないです。


猫のトイレの砂(通称:猫砂)は種類や発売している会社がとてもたくさんあって、どれを選べば良いか迷いますよね。
猫がどんな砂を好むと言われているかも踏まえて、実際の使いやすさ、消臭力などから私がオススメする猫のトイレの砂をお伝えしていきます。

この記事を読んで分かること

  • 猫のトイレの砂の種類が分かる
  • 猫が好むトイレの砂が分かる
  • 持っているトイレに合う猫砂を購入できる
  • 猫砂の選び方が分かる

猫のトイレの砂の種類

猫砂とよく言われていますが、素材については、実際は色々な種類があります。

  1. 紙系
  2. 木屑系
  3. 鉱物系
  4. シリカゲル系
  5. 食品系(おからなど)

猫によっては、異物などを食べてしまう子もいるため、トイレの砂は食べない、口に入れる興味のないものを選ぶようにしてください。

紙系

粒の大きさ:大〜中
処理:トイレに流せる、燃やせる(種類によって違います)
オシッコ:固まる、固まらない両方

紙系は、ふわっと柔らかく、オシッコでしっかり固まるもの、固まりきらないものや、硬くてオシッコを吸収しないシステムタイプのトイレ用のものがあります。
使用するトイレに応じて選びましょう。
動物看護師の観点から言うと、尿の色を確認出来るものが少ないことがデメリットです。
(腎臓尿路系は猫がなりやすい疾患が多いため、毎日の尿の観察はかなり重要になります。)

木屑系

粒の大きさ:大〜小
処理:燃やせる
オシッコ:固まらない、吸収しないタイプと崩れるタイプ

いわゆる木のペレットです。粒の大きさはいろいろあり、空気中に舞う砂埃は少ないです。
固まらないので、システムトイレ専用になります。下に敷いてあるペットシーツで尿の観察が出来、木の種類によっては自然な良い香りがします。
オシッコしたら崩れるタイプは、衛生的であると吸収しないタイプより衛生的です。(崩れるタイプでも、ペットシーツでの尿の確認は問題なく出来ます。)
デメリットは粒が大きいので、小さいものに比べて飛び散りにくく掃除しやすいのですが、人間が踏むとかなり痛く、ツボなど敏感な猫はもっと痛いと思います。



代表的な崩れるタイプと崩れないタイプをこちらに貼っておきます。
こちらは、固まらないので、システムトイレのみの使用です。

鉱物系

粒の大きさ:小粒
処理:不燃ゴミ(自治体によって異なるので確認してくださいね)
オシッコ:固まる

非常に小さな砂タイプの猫砂です。お外の猫たちが、よく排泄する砂場や花壇などの砂のような感じで、猫が一番好む砂だと言われています。小粒なので、足に対する刺激も少なく、思う存分カキカキ出来ます。
こちらは、システムトイレには使用出来ません。
デメリットは、尿の色を観察できないこと、処理が不燃ゴミ、尿を含むと更に重くなるので、ゴミ出しが大変です。また、空気中を砂埃が舞うので、健康に対する不安も少しあります。
喘息など持っている猫の場合は、使用しない方が良いでしょう。

楽天でも好評の鉱物系の砂です。


猫の好みを一番最優先するのであれば、断然鉱物系がオススメです。
種類も豊富にあるので、いろいろ試してみるのも良いと思います。

シリカゲル系

粒の大きさ:小粒
処理:不燃ゴミ
オシッコ:固まらない

小粒タイプの透明や半透明のものに少量色が混じっているものが多いです。小粒のため、鉱物系と同様に猫がカキカキしやすく、好んで使いやすいと言えるでしょう。また、消臭力もあります。
最近では、尿によって砂の色が変わるものも販売されています。
デメリットは、処理が不燃ゴミ、猫が食べた場合は、少量であれば問題ないとされていますが、致死量が15gなので、異物を食べる猫は使用しない方が良いです。
ボックスタイプ、システムトイレ、砂によって、使用出来るものが違うので、購入時確認しましょう。

食品系(おからなど)

粒の大きさ:中〜大きい
処理:トイレに少量ずつ流せる、可燃ゴミ
オシッコ:固まる

食品から作られており、おから独特の匂いがします。凝固剤がコーンスターチや澱粉などを使用しているものが多いため、ゆっくり固まりますので、カキカキ激しい子はオススメ出来ません。
また、犬も一緒に飼っている人や食欲旺盛な猫の場合は食べてしまうことがあるので使用されない方が良いです。万が一、大量に食べてしまった場合は、胃の中で、水分を吸収してしまうため、喉をが乾いて大量に水を欲しがりますが、胃が破裂してしまったり、腸で詰まって腸閉塞を起こしてしまうため、すぐに病院へ連れていってください。
こちらもボックストイレに使用出来ます。

猫砂の選び方

猫砂を選ぶときに考慮する点は

  1. 猫が使いやすく、問題なく使用してくれるか
  2. 尿の健康状態を確認できるか(色、量、回数など)
  3. 使用できるトイレ
  4. コスパ
  5. 身体への安全性
  6. 消臭効果
  7. 掃除のしやすさ
  8. 廃棄方法

この中で何を優先させるか考えて選びます。

プロが一番オススメする猫砂は!

猫が一番好んで使用するとされているのは、自然の砂に近く、粒も細かくて足への刺激が小さく、カキカキしやすい重めの砂だと言われています。
上記でも説明した通り、鉱物系の砂が一番猫にとっては使い心地の良い砂だと言えます。
使えるトイレは、ボックスタイプになります。

しかし、私が最もオススメしたいのは、木のペレットです。
コスパが良く、廃棄しやすく、木の香りも良いです。

崩れるタイプは、尿をしたところは崩れるので、衛生的でもあり、尿臭も気になりません。
実際、猫カフェで使用していたのもこのタイプで、部屋の中も匂いは気にならないと好評でした。
(部屋の匂いは、トイレのおかげだけではありませんが。)
この砂を選ぶ最大のメリットは、尿の色、尿量などが確認できる点・身体への安全性です。
安全性については、また別の機会にお伝えしていこうと思います。

粒の大きさは、上記でご紹介した大粒と小粒、両方使用していましたが、猫たちには、崩れないタイプの小粒が人気でした。
やはり、猫は出来るだけ小さく足への刺激が少ない方を選ぶのかもしれません。

とはいえ、猫によっても好みは違うので、いろんなタイプの砂を使用してみるのが良いと思います。
また、複数のトイレや砂を置いてみることもオススメします。
私は、ボックストイレ(ペットシーツのみ)とシステムトイレ(木のペレット)を使用しています。


コメント